インプラント治療を始める前にチェック

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

極みの麹生酵素|公式サイト限定で最安値キャンペーンを実施中です!